お金

ゲームで稼ぐ時代が来た!?ブロックチェーンゲームのやり方

ゲームが資産になるなんて昔では考えられなかった・・・
面白い時代になったものです。

どうもしょうごです。

今回は最近僕が知り始めた

「ブロックチェーンゲーム」

について書こうと思います。

そもそもブロックチェーン自体詳しく知らなくて、ニュースとかで見ても
流してたぐらいだったのですがよくよく調べてみるとかなり面白そう…

ブロックチェーン=仮想通貨っていうイメージを持ってる人も
多いかと思いますが今回はゲームもあるんだよってことを
伝えれたらと思います。

ブロックチェーンゲームとは?

「ブロック」「チェーン」「ゲーム」とそれぞれの単語であれば
誰でも意味は分かるかと思います。

しかしブロックチェーンゲームとなった途端

「?」

ですよね(笑)

自分も初めはそうでした。

しかしブロックチェーンゲームを簡単に説明すると

「リアルマネートレードが出来るゲーム」

って感じです。

今までのゲームであれば課金して入手したアイテムは
あくまでゲーム内だけで完結し自己満足で終わっていたと思います。

しかしブロックチェーンゲームでは課金して
購入したアイテムは売ることが出来ます。

つまりゲームで集めたアイテム等が資産になるということ。

「ブロックチェーンの意味は?仕組みは?」とか
難しいことは気にしなくて良いんです。

だってスマホで電話が出来るのはなぜだろう?
とガチで考える人はあまりいないでしょ?

とりあえずブロックチェーンゲームという物に
触れてみるのが良いと思います。

ブロックチェーンゲームに必要なもの

無課金でプレイするならとりあえずスマホ一台あればOK。

しかしアイテムの売買が発生すると以下のものが必要になってきます。

①仮想通貨取引所口座
②METAMASK

それぞれ説明します。

①仮想通貨取引所口座

アイテムの売買と言っても法定通貨の円”でやり取りするわけではありません。

一度仮想通貨の”ETH”を購入しその仮想通貨を使ってアイテムの売買を行います。

カジノのチップみたいなものですね。

でこの仮想通貨を購入する為に取引所の口座を開設する必要があります。

開設するのに2日~3日掛かるので課金してゲームをプレイしたい方は
早めに口座開設だけでも行っておくことをオススメします!

以下のGMOコインがオススメの取引所となっています。

GMOコイン

ブロックチェーンゲームで使用される仮想通貨はETH(イーサリアム)という
通貨で今回紹介した取引所はすべて対応してあります。

ゲーム用で開設するだけなら基本的にどこで開設しても大差ないですし
すべてスマホアプリに対応しているのでまず一つは必ず開設しましょう。

ちなみに僕はGMOコインで開設しました。

GMOコインで申請を出してから2日後にはもう開設して取引が出来たので
特にどこでもいいよと思っている人はGMOコインをオススメします。

②METAMASK

METAMASK(メタマスク)とはGoogleChromeの
ブラウザ拡張機能の一つでwebウォレットになります。

これはゲーム外のサイトでアイテムを取引する際に必要なものです。
なので急いで売買しないよっていう方は焦って登録する必要はありません。

ただし最終的にETHで取引するのにMETAMASKが必要になりますので
今回はとりあえずGoogleChromeへの追加方法だけ紹介します。

METAMASK←こちらから公式サイトに行けます。

画像のページが表示されたら「GET CHROME EXTENSION」をクリックしよう。

僕は既に追加しているので画像が「削除」になっていますが
右上のボタンからMETAMASKを追加します。

するとブラウザの右上に狐のアイコンが追加されるのでこれで完了です。

最後に

ブロックチェーンゲームは今の現行ゲーム機と比べてしまうと
まだまだクオリティが低いですがかなり将来性があると思います。

仮想通貨が身近じゃなかった人は是非ブロックチェーンゲームから
入ってみてどんなものかを感じてみると良いと思います。

それでは今回はここまで

以上っ!