お金

サラリーマンはお金と時間のどちらを重視するか考えるべきだ!

あなたは「時間」「お金」どちらが大切だと思いますか?

どちらも大切というのはもちろんなのですが今回はどちらを
重視するかというテーマなのでよく考えてみましょう。

時間とお金どちらを大切にしてる?

どうもこんばんはしょうごです。

人生を送る際このテーマについて考えなかった人はいないんじゃないか
と思うのですが例えてば次のうちあなたはどちらを選びますか?

「ハードワークで高収入」or「ゆるい仕事で低収入」

サラリーマンは自分の時間を会社に払い続けることで
その対価として毎月のお給料を頂いています。

では、「お金」と「時間」のバランスをどのようにすればより良い
人生を送ることが出来るのでしょうか?

若い人こそ時間重視!

僕は人生において幸福を得るために大切にすべきは
間違いなく「時間重視」だと思っています。
時間はどんなに努力・工夫しても1日24時間以上確保することはできません。
これは金持ちだろうと貧乏だろうと子供だろうと大人だろうと関係ありません。
全ての人間に平等かつ抜け出すことの出来ないルールで縛られています。

それに対してお金はどうでしょう?上限なんてありませんよね?

Aさんは100万円まで、Bさんは50万円までしか持つことを許されないなんて
法律どこにもないはずです。
更に言うな少し無駄遣いをしたところでまた稼ぐことが出来ます。
そう考えれば「お金」「時間」どちらを
重要視するか言われなくても分かるはずです。

つまり雇用されて賃金を得ている僕らは、有限である時間を削りながら
お金を手に入れているわけですね。

これを認識しているかそうでないかで雲泥の差が出ます。

もちろん時間を犠牲にし「安定」を求めるのも一つの選択ですし
これ自体間違いではありません。

しかしこのブログを読んでる読者の多くは「脱サラ」を考えていると思います。
そんなあなたが「安定」の為に自分の時間を犠牲にしてはいけません。

誰が作ったか分からない会社に自分の時間の価値を決めさせてはいけません。
自分の時間の価値は自分で決め、そしてその大切さを改めて自覚するべきです。

会社での新入社員教育とは一種の洗脳である

僕は「時間の重要性」に気付くまでに新卒から6年ほど掛かりました。

これほど時間が掛かった原因は一種の洗脳だと思っています。

社会に出たばかりの新卒生が右も左も分からない状態で上司から教育を
受けるとほぼこの洗脳状態になる可能性が高いです。

ちなみに僕が上司に言われた内容を一部紹介すると・・・

・上司の言うことをちゃんと聞き真面目に仕事をしなさい
・残業をたくさんしてお給料をたくさん貰いなさい
・こんな良い会社に入れたことを誇りに思い一生働きなさい
・ちゃんと結果を出し続ければ出世も出来るよ

どこの会社の上司でも言っているような台詞なのですが
これを見て「普通じゃん」「その通りだ!」って思ったそこのあなた・・・
「脱サラ」しないことを推奨します。

サラリーマンで定年までしっかり働く予定の人は別に問題ありません。
しかし、上記の台詞は全て「上司の価値観」「会社の価値観」です。
これらを鵜呑みにしてしまうと肝心な「時間の重要性」に気付けないです。

僕が時間の重要性に気付けたのは「ネット」と「友人」のおかげです。

やはり周りの環境というのはすごく重要であるということを実感しました。

ちなみに友人というのは会社の同僚とかではなく会社外の人間です。
ここでもし社内の人間に「時間の重要性」なんて話をしてもまず
伝わらないし、最悪反論されてしまいます。

当然ですよね、だって社内の人間からして僕は
「変わり者」「異物」「頭がおかしい」
ぐらいにしか思われてないのだから。

つまり「時間の重要性」に気付けるかどうかは結局のところ
自分次第ということになってしまうんですよね。

まとめ

「時間の重要性」と「洗脳」について書いてきましたがいかがだったでしょうか?
周りの価値観を知り、自分が気付くことで人生はガラッと変えることが出来ると思います。僕も新たな価値観を知り、気付いたことで世界の見え方が変わりました。

このブログを読んだ方で一人でも多く何か得るものがあれば幸いです。

以上っ!