ゲーム実況

ゲーム実況するならゲーミングチェアが絶対オススメ!!

会社の椅子はお尻が痛くなるけど
ゲーミングチェアは痛くならない

どうもしょうごです。

僕がゲーミングチェアを購入してから
約4年経ちます。

実況していた時の椅子歴史は

座椅子で実況

安い椅子で実況

ゲーミングチェアで実況

てな感じです。

比べるまでも無いですがゲーミングチェアが
一番座り心地が良かったです。

さらにゲーム実況って長時間座ることが
多いのですがゲーミングチェアは
耐久性もあるので安心でした。

今回は僕が買って良かったと思う
ゲーミングチェアについて
紹介したいと思います。

安い椅子は長時間に向かない

安い椅子とは1000円とか2000円で
売ってるオフィスチェアなどを
想像してもらえればいいです。

こういった椅子って長時間座っていると
お尻が超痛くなりますよね。

特に僕は体型が痩せ型なのでお尻の肉が
無く、座ってから数十分で痛くなります。

痛くなる理由は単純なのですが
クッション材が薄いことです。

ゲーム実況を始めるとゲームしてる時間も
編集してる時も椅子にずっと座っているので
安い椅子や座面が固い椅子は絶対に
避けるべきです。

4年使ってみての感想

僕が購入したゲーミングチェアは
こちらの”DXRACER”という商品です。

なぜこの椅子を選んだかと言うと・・・

「布地」だったから!(重要)

ゲーミングチェアってほとんどレザーが
使用されてるのですが僕は蒸れるのが
嫌だったので布地を選びました。

特に夏はレザーだときついです。

「クーラー付けてれば大丈夫でしょ?」

と言われそうなのですが…

クーラーの音って意外とマイクが拾ってしまい
雑音になってしまうので撮影中は切ってます。

そんな中小一時間も撮影してると部屋が
灼熱地獄になってしまうのです(笑)

ですが布地であれば多少は通気性があるので
我慢は出来ました。

たぶんレザーを買っていたら
後悔してると思います。

あと僕がお気に入りの機能がこの「ゆりかごモード」

動きとしてはロッキングチェアと同じだと
思って頂いて大丈夫です。

暇があればゆりかごモードで目を瞑っています(笑)

ちなみに4年使い続けていますが座面クッションは
未だにへたれていません。

100kgを超える友人にも座ってもらいましたが
びくともしていないです‼

最後に

ゲーミングチェアは価格的には少し高価な物ですが
椅子に座る時間が長い人ほどオススメしたいです。

最近では種類も豊富なので是非自分にあった椅子を
探し出して購入してみて下さい。

それでは今回はここまで

以上っ!